リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013東京上野・Relay of the year 中央大会、
豪雨の中無事24時間のたすきを繋ぐ!

~一日目は一万人を越す来場者で大盛況、二日目は台風にも負けないチームワーク!~
9月14、15日に行われたリレー・フォー・ライフ・ジャパン2013東京上野の一日目は、真夏のような好天に恵まれ、参加した82チームは開会式後台東育英小学校金管バンドを先頭に元気にラップをスタートしました。上野公園噴水広場に張られた約60張りのテントの中では各チームが活発に啓発活動や募金活動を展開して、たいへんな熱気でした。
ステージには、歌手のすがわらやすのりさん、作曲家の平尾昌晃さん、バレーボールの三屋裕子さん、湘南ベルマーレの久光重貴さんなどの著名人も次々に登場、さすがのパフォーマンスと、心温まるメッセージを寄せていただきました。
もちろん地元、岩倉高校の吹奏楽部を始めアマチュアの出演者の方たちの熱のこもったパフォーマンスにも黒山の観衆。特に、猪瀬都知事が来場しメッセージをいただいた時には、2000人を越す人々が会場を埋めつくしました。
また、今回の大会では、特に啓発活動にも力をおき、啓発テントではミニ講演やイベントが継続的に行われ、樋野興夫先生のメディカルカフェも大盛況でした。
日が暮れ始めると、素晴らしくライトアップされたルミナリエが会場を包みました。大切な家族や仲間を偲ぶセレモニー、エンプティテーブルの後は、サイレントラップがスタート。参加者一人ひとりが、愛する人を偲んだり、がんと戦う人を励ましたり、家族や仲間同士の絆を確かめあったり、それぞれの想いを胸にラップを進めました。
そして、アグネス名誉実行委員長の進行による、メインシンポジウム。野田哲生先生、清水研先生、増田紘子先生らにより最新の医療状況と、リレーフォーライフの役割などが話し合われました。
一日目のイベントがすべて終了後は、事務局で当日募金の集計が遅くまで行われました。デルタ航空ハワイ往復ペアチケットを始め、協賛各社からご提供いただいた豪華景品が大好評だったラッフルくじや、やなせたかしさんからご提供いただいたアンパンマングッズもほぼ完売。各チームが知恵を絞って行った募金活動の結果は、200万円を越すものとなりました。
昼間の盛り上がりと、喧騒が一転、夜中まで黙々と歩き続けるチーム、いち早く眠りにつく人々。上野の森は、参加者の充実した一日の興奮を優しくつつんでくれているように感じました。
15日は、夜明け前から台風18号の影響により、豪雨が始まりました。
事務局では、台風情報に注意し、備えもしていましたが、会場は大量の雨水により、ひどいところは膝下まで水につかる状態で、いくつかのテントが壊れました。そして6時に、関東地方に大雨洪水注意報がでたのです。
実行委員会で協議した結果、参加者の安全のためには閉会式を8時に繰り上げ、テントの撤収を進めながら、歩ける人だけでも12時まで歩こうということになりました。
それからは、バケツをひっくり返したような雨の中、テントの下に全員が集合して、閉会式。
台風に負けないで歩き続けるので、皆で頑張ろう!というアグネス名誉実行委員長のかけ声と日本対がん協会の塩見事務局長の挨拶の後、前日の報告とアワードが発表されました。
降り続く雨の中、濡れねずみになりながら、撤収作業をする参加者の皆さん、3時間以上も豪雨の中を歩き続けて下さった三屋裕子さんを始めとする各チームのみなさん。その姿は、まさに、がんに負けないスピリット、諦めない強い意志、闘い続ける生き方そのものを見るようで、とても感動的なものでした。
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013東京上野を支えてくださった本当に多くの皆様に、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
お疲れ様でした!

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013東京上野 実行委員会一同

当日の様子(動画)

当日の様子(写真)


 

実行委員長より、感謝の言葉

がん征圧のためのチャリティイベントのリレー・フォー・ライフ・ジャパン2013東京上野に参加して下さった80を越える参加チームの皆様、土曜・日曜に会場に足をお運びいただいた参加者の皆様、ご協賛・ご協力いただいた多くの企業、個人の皆様、本当にありがとうございました。
14日の土曜日は、会場に一万人以上の方たちが集まり、ステージも啓発テントも大賑わい。15時過ぎには、平尾昌晃さん、三屋裕子さんをはじめ、猪瀬都知事も会場に駆けつけて下さいました!
アグネス名誉実行委員長はじめ、サバイバーもケアギバーも一緒になって歩いたラップは、どんなに多くの人びとに希望を与えてくれたことでしょう。たくさんの皆様の善意と行動によって、当日の募金額も、予想を遥かに上回るものとなりました。後日、改めてご報告いたしますが、ここで、取り急ぎお礼申し上げます。ありがとうございました。
1日目は、盛夏のような暑さでしたが、そんな暑さにも負けずに、ラップを続ける人、啓発活動を続けるチーム、子供実行委員の子供たち、ボランティアでパフォーマンスを披露して下さった出演者の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、イベントを裏で支えて下さった医療関係者、警備員の皆様、ステージ関係者、ごみ収集の皆様、すべての方たちに心からお礼申し上げます。
深夜まで歩き続けて下さった多くの方たちの姿は、まさにHopeそのもので、たくさんのサバイバーが希望と勇気を与えられました。
更に、翌朝は台風の影響で、夜明けから激しい豪雨が会場を襲いました。くるぶしまで水に浸かり、テントが壊れるような状況下、参加者の安全のために急遽、閉会式を8時に繰り上げ、早めにテントの撤収などを始めましたが、それでも12時まで、100人以上の方たちが残って24時間のウォークを無事に完走することが出来ました。
24時間、どんなに状況が厳しくても、決して諦めない!そのリレー・フォー・ライフの精神が形として現れたような、一瞬でした。
リレー・フォー・ライフを支えて下さる多くの皆様、ありがとうございました。参加者の皆様、本当にお疲れ様でした!
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013東京上野実行委員会 一同
実行委員長 藤田雄一

リレー・フォー・ライフ・ジャパン 東京上野 開催概要

 

日時

2013年9月14日(土)~15日(日)
 

場所

上野恩賜公園
 

ご案内チラシ&参加詳細

  ご参加につきましてはチラシ裏面にございます「参加申込方法」をご参照下さい。
参加申込みについての詳細はこちらからもご覧いただけます。

実行委員長からのメッセージ

417081_261791853944233_1795513553_n
ご家族ががんに罹患した時、皆さんはどんな想いになりますか?
つらい、なんで私の家族が?。。。患者さんと同じように家族も精神的・社会的に痛みを伴います。私もここ数年で大切な家族ががんになり、苦しみ、別れも経験してきました。そんな中、2010年に「リレー・フォー・ライフ」に初めて参加。がん患者・家族・ケアギバー、医療従事者が、がん征圧のために一つになり、私に勇気や希望を与えてくれました。
>>>続きを読む

収支報告

→ 収支報告書はこちら

主催・後援・協力

■主催

公益財団法人 日本対がん協会
リレー・フォー・ライフ・ジャパン 東京上野実行委員会
 

■共催

東京都
 

■後援

厚生労働省・台東区・台東区教育委員会
 

■特別後援

アメリカ対がん協会

■ご協力いただいた主な法人・個人

■特別協賛

      

      

■協賛

 


       

       

       

       

       

       

       

       

■協力

特別協賛:1,000,000円以上のご支援 協賛:50,000円以上のご支援

■Special Thanks

【チャリティーオークション】 荒木とよひさ/生島ヒロシ/今井雅之/宇都宮まき/上地雄介/北島三郎/キャシー中島/小藪千豊/榊原郁恵/笑福亭鶴瓶/菅原やすのり/スザンヌ/鈴木奈々/関口宏/ダイヤモンド☆ユカイ/高橋みなみ(AKB)/タモリ/Dr.コパ/デーブ・スペクター/所ジョージ/鳥羽一郎/中川翔子/中山秀征/新沼謙治/博多華丸・大吉/爆笑問題/東野幸治/久本雅美/一青窈/平尾昌晃/林マヤ/藤本美貴/道端カレン/向井理/山野愛子ジェーン/湯川れい子/YU-KI(TRF)/横山ルリカ(アイドリング!!!)/ルー大柴/渡辺麻友様(AKB)

(五十音順・敬称略)